その工務店で大丈夫?リフォームなどの工事で後悔しないために知っておきたい基本

このサイトでは、工務店の立地場所において近所と遠方のどちらが良いのか、また自社一貫制の会社についてなど詳しく見ていきます。
依頼するならば、自社一貫制の所が良いとよく言われるのはなぜでしょうか。
星の数ほどある業者の中で、良い工事をしてもらうには腕が良くて信頼できる会社を選ぶ必要があります。
後悔しないために知っておくべき知識や常識を紹介します。
リフォームを初めてする人にも参考になるお役立ちサイトです。

その工務店で大丈夫?リフォームなどの工事で後悔しないために知っておきたい基本

リフォームなどで失敗しないためにも、何社かに相見積もりを依頼することが大切です。
そして見積もりの際には書面をチェックして、きちんと内訳まで詳細を書いているかどうかを見るようにします。
総合計額のみの曖昧な見積書の工務店は、仕事も雑な可能性が高いので要注意です。
費用面のみでなく、スタッフとの相性や技術面もチェックする必要があります。
問い合わせのときなど、スタッフの対応をよく見ておきましょう。
横柄な態度のスタッフでは、リフォームを進めていく上でストレスを感じてしまうでしょう。
技術面に関しては、その工務店の施工例を見せてもらうのもひとつの方法です。

工務店とハウスメーカーはどちらに頼むほうが良いの?選び方ポイントを知ろう!

工務店とハウスメーカーの選び方について迷っている時には、自分の目的に応じた建設を行ってくれるかどうかを確認することが大切です。
工務店は、地域密着型サービスを提供している職人が在籍しているのが主となっています。
細部まで様々な注文を行うことができますので、より理想的なマイホームに近づけたいと考えている場合には相談すると良いです。
反対に、ハウスメーカ-はサポートやプランが充実していますので初めて住宅購入をしようと考えている人であっても迷うことなくスムーズに取引を進められます。
実際に、職人と直接的にやり取りを行うわけではなくサポートが付いてくれますので、その人を介して話し合いをしていくことになります。
分からないポイントに関しては、その都度サポートをしてくれている担当に詳しく聞くことができますので、そういった点でも評価は高いです、どちらを利用するにしても、品質の高いサービスを利用できることに違いはありませんので目的に応じた選び方の違いを確認しておくことです。

工務店に工事をお願いすることのメリットとは?

この前で初めて相談する時に知っておかなくてはならないメリットは2つです。
まず、素材から決めていくことができるぐらいに細かい部分まで指示を出すことができるという点です。
工務店は、顧客との距離感が非常に近いのでこちらの要望に応えるために様々な部分で譲歩してくれるという魅力があります。
確かに、そのぶん費用は高くなりがちになりますが、それだけ自由度が高い工事を行なっていくことができますので、きちんとイメージを固めてから話し合いを進めていくようにしなくてはいけません。
そして、工務店では職人と設計の話し合いをすることができるというメリットもあります。
大手のハウスメーカーは、ある程度決められたプランと方向性で進めていくことになりますので、直接的に職人とやり取りを行うわけではありません。
工務店の場合は、これが可能であるため相手に対して伝えたいことがある場合には直接的に伝えることができます。
そのため、よりイメージに近い工事を行ってもらえます。

大手メーカーではない工務店でのリフォームのデメリット

高齢の両親の足腰が弱ってきたので階段や廊下や浴室に手すりを取り付けてできる限りバリアフリー化させたい、ワンちゃんが安心して走り回ることが出来る広いスペースを設けたい、収納スペースと生活動線を確保して家事効率を向上させたいなどの理由で家をリフォームしたいと考えている方は多いのではないでしょうか。
そこで大事になってくるのが工務店選びです。
全国対応の大手メーカーもあれば地元密着型の大手ではない工務店もあり、どちらを選ぶかは迷うところです。
大手メーカーではない工務店を選ぶことのデメリットについてですが、知名度が低くて情報量が少なく口コミの件数も少ないという点です。
比較する際に苦労しますが、小さな工務店にもメリットはあります。
地域への貢献度が高い地元に根付いた業者は身近に感じられますし、担当者とお客さんの距離感が近くて何でも気兼ねなく相談できるアットホームな雰囲気が魅力です。
その土地のことを知り尽くしているという点も強みです。

工務店で予算内に工事をするためのコツと方法

予算内に工事をするには、まず自社一貫制の工務店に依頼しましょう。
見積もりから工事、メンテナンスまですべて自社スタッフで行い人件費を抑えています。
さらに自社大工がいて下請けを挟まないので、マージンが発生しません。
その分比較的安く工事ができます。
またスタッフにだいたいの予算を話し、それに見合う建材を探してもらうことも大切です。
質が良くて安い建材もたくさんあります。
できるだけ費用を抑えるには、建材選びも重要です。
工費は施工方法によっても節約可能です。
工務店のベテラン大工であれば、高くかからない工事方法も知っていることでしょう。
例えば漆喰の壁にしたい場合に、塗り方に工夫することで漆喰調に見せることが可能です。
本当の漆喰にするのは費用がかさみますが、漆喰調に仕上げるなら材料費もいくらか低価でできるはずです。
そのほか、工事する時期やお得なプランを利用することで賢く工事できます。
念入りに打ち合わせを重ねて、工務店に力になってもらいましょう。

著者:小笹公治

筆者プロフィール

兵庫県神戸市生まれ。
リフォーム会社に務めた経験を活かして、工務店に関する記事を執筆しています。
松山市 工務店